ゴルフ上達レッスン教材集

アクセスカウンタ

zoom RSS しなり活用!ゴルフ「リズムシンクロ打法」の特徴

<<   作成日時 : 2013/03/25 09:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

◆ リズムシンクロ打法の特徴1

ドライバーからアプローチに至るまでスイングリズム一定にする。

最初にやって頂きたい練習です。
ゴルフスコアーを一気に縮める効果的な手段です。
次のラウンドで最低でも10は縮めることができるでしょう。



◆ リズムシンクロ打法の特徴2

体重移動のない1軸打法でヘッドスピードが自然と速くなる。



あなたも良く言われることなので聞いたことがあると思いますが、
飛距離を伸ばすためには体重移動が大切だと・・・。



実はこれはまったくの間違いです。



デビット・イシイ プロはこう言います。
「体重移動の少ないスイングが正確性と飛距離をもたらします。」



飛距離を伸ばすためのヘッドスピードを上げるには、
体重移動せず軸はなるべく動かさないで
打つ方が良いと言っているのです。




◆ リズムシンクロ打法の特徴3

アップライトなスイングプレーンが正確性とヘッドスピードを生む。

その逆に、フラットなスイングプレーンになっている人が
多くいる訳です。フラットになると外国人のようにパワーを必要と
します。物理的に言うとインパクトゾーンが短くなり、
ヘッドスピードも落ちてしまいます。



以上3つの大きな特徴をまとめてみました。



「なんのこっちゃ・・さっぱり分からんわ!」

  &

「で、結局どうすりゃいいの?」



と言われる方は続きを読み進めてください。
⇒ もっと詳しく知る≫





【人気マニュアル】 -------------------------------------
⇒ 井坂京子の「 お子様の吃音(どもり)を改善するプログラム 」
⇒ 90日で圧倒的なスケーターになるスケボー講座
⇒ 動画パソコン教室『楽ぱそDVD』【エクセル・マクロVBA】
⇒ 【大学受験】かおる式AO入試合格法


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

powered by Buzzurl

ライブチャット
しなり活用!ゴルフ「リズムシンクロ打法」の特徴 ゴルフ上達レッスン教材集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる